« 愛検ポチが吠え、検察は変わるか | トップページ | 魔法の人心コントローラーを世界に »

マッコリ元年に、まったり酔う

 東京・原宿の奥に隠れ家のような韓国レストランがある。人通りから完全にはずれ、車では行き止まりだから、ふらりと一見客が入るところではない。しかし、料理の値段を当てる日本テレビ系の人気バラエティ『ぐるぐるナインティナイン ゴチになります!』の会場ともなった名店だ。

 そこのメニューを開くと、韓国のどぶろく「マッコリ」が10種類以上も並んでいる。ヒアルロン酸マッコリなどというものまである。そのなかで、ぶどうマッコリを注文した。

 ひと口目は甘酒のような味がした。少し飲み慣れると軽くなり、すいすいと飲める。春雨と野菜を炒めたチャプチェが絶品で、マッコリにぴったり合う。

 この夏、わが家の地元で毎年開かれる花火大会に、名古屋の友人夫妻を招待した。手作り弁当をもって、河原土手にシートを敷いて宴を開いた。打ち上げ場所を目の前にした立ち入り禁止区域のすぐ脇で、花火はド迫力で上がっていく。

 クーラーバッグには、よく冷やしたマッコリを入れていた。土手での花火見物では、仮設トイレはあるが大混雑するから、ビールはあまり飲まないほうがいい。そこで、かみさんと話し合ってマッコリにした。

 夫妻は、打ち上げの迫力に息を飲みながら、マッコリを飲んだ。マッコリは初めてだそうだ。そういえば、ベルリンに住んでいるとき、この友人一家を韓国料理店に連れて行ったことがある。友人は韓国料理の初体験で、そのときは焼酎を飲んだ。

 わが家と名古屋の友人家族と韓国は、何かと縁があるわけだ。

 マッコリには特に肉料理が合う。弁当のメインメニューに豚のスペアリブを用意したところ、これが大うけで、マッコリもどんどんなくなった。

 友人は、名古屋へ帰った翌日、すぐマッコリを買いにいったという。

 日本ではこの2010年を、<マッコリ元年>と呼ぶ飲食店関係者もいるそうだ。3月には、韓国の大手焼酎メーカー眞露が『JINROマッコリ』を日本で発売開始した。前後して、二東(イードン)ジャパンがその名も『にっこりマッコリ』という製品を出し、巨人戦の東京ドームなどで大々的にキャンペーンした。

 新聞や雑誌でマッコリ特集が目につく。日本国内だけで、今では100種類以上も売られているそうだ。数年前からは、都内にマッコリバーなるものもできたらしい。そこでは、数十種類が飲める。

 もともとは朝鮮半島の農民が、農作業のとき一服するための自家製の酒だったという。乳酸菌がたっぷりで、「美容や健康にいい」とされる。

 日本でのマッコリブームの原点は、やはり2004年以降の韓流ブームらしい。ハングルの看板がやたら目立つコリアンタウン新大久保などで、女性客を中心に人気が出た。

 だが、それだけではない。ブームの陰には仕掛け人がいることが多い。

 実は、日本と同じでコメ余りに悩む韓国政府が、コメを使った製品としてマッコリに目をつけた。それと合わせた韓国料理を世界に広めようと「韓食世界化」の政策を打ち出し、官民あげてセールスに乗り出した事情がある。

 世界的な寿司人気が、今ではブームを通り越して定着し、日本食が世界で注目されるようになった。韓国の韓食キャンペーンは、それへの対抗策でもあるらしい。何につけ、日本に負けることは許されないお国柄だからだ。

 ぼくがマッコリと出合ったのは、もう四半世紀も前のことだ。新聞社でインド亜大陸地域を担当していたころのことで、社内にアジア記者会というのがあった。会社から毎月定額の会運営費を出してもらい、2、3か月に一度、外部の講師を招いて飲食しながらアジア情勢を勉強した。というのは建前で、じっさいには仲間うちだけで飲み食いすることもよくあった。

 上野から御徒町にかけては、在日コリアンが経営する焼肉店がひしめいている。ここは、近年コリアンタウンとなった新大久保とはちがい、ハングルの看板が目立つわけではないが、日本式の飲み屋街とはまた変わったたたずまいがある。

 アジア記者会でよく行ったのが、御徒町にあるT亭だった。2階か3階の座敷にあがり、ビールではなく「白」を注文する。白というのは、ビール瓶に入ったマッコリだった。

 その当時、日本ではマッコリの製造は大蔵省から認められておらず、白はそれぞれの店が密造したものだとされていた。その秘密めいた白を飲みながら、焼肉や肉刺しをほうばる。狂牛病もないころのことで、その店には、牛の脳みその刺身などという希少メニューもあった。

 そして今、近所のスーパーにさえ数種類の“合法的な”マッコリが並んでいるのをみると、時の流れを感じてしまう。

 マッコリはまったりとして実にいいが、強いて難点を言えば、アルコール度数がふつう6度しかないことだろう。スコッチのジョニーウォーカー黒ラベルと比べても、アルコール1ml当たりでは、マッコリのほうが高い。税率がドイツの約20倍とバカ高い日本のビールと同様、マッコリは、実はマル金、セレブの飲み物なのだ。

--毎週木曜日に更新--

|

« 愛検ポチが吠え、検察は変わるか | トップページ | 魔法の人心コントローラーを世界に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540025/49672249

この記事へのトラックバック一覧です: マッコリ元年に、まったり酔う:

« 愛検ポチが吠え、検察は変わるか | トップページ | 魔法の人心コントローラーを世界に »