« さすらいの渡世人ジャーナリストたち | トップページ | ひな祭りは中華の“役得料理”で盛大に »

戦後、学校で教えずメディアも伝えなかったこと

 かったるい映画だと爆睡するかみさんが、最初から最後まで目を見開いて見入っていた。観客動員ランキングに初登場で1位、初日満足度でも1位を獲得したという。2011年2月11日に公開された『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』の上映館には、若い人たちの姿も目立った。

 日本とアメリカが戦っていた太平洋のサイパン島で、わずか47人の部下を統率して4万5000人ものアメリカ海兵隊をきりきり舞いさせた大場栄大尉の実話を映画化した。日米開戦70年特別企画として日本テレビが力を入れた作品だが、大ヒットしているのは、連日の宣伝キャンペーンのおかげだけではないだろう。

 ある新聞の映画評では「学校で教えなかった歴史の一面」という言葉が目についた。若者たちは、うちの子どもたちをふくめて、特に現代史で何があったのか、本当はどうだったのかを知りたがっている。

 原作は、元海兵隊員ドン・ジョーンズ氏の『タッポーチョ「敵ながら天晴」大場隊の勇戦512日』だ。神出鬼没な戦術によって敵を翻ろうし“フォックス”と畏敬の念を込めて呼ばれた大場大尉を中心に描かれる。

 ジョーンズ氏は、実際に大場隊と戦いそのサムライぶりに強い感銘を受けた。第2次大戦後に来日し取材を重ねて書き上げたという。あとがきにはこうある。

 「(日本では)多くの人たちが、自分たちの父や祖父や叔父たちが国を守るために戦った精神について何も知りませんでした。もっと驚いたことは、その人たちがしたことに何の尊敬の念も払っていないことです」

 大場栄大尉役を演じた俳優の竹野内豊さんは、あるインタヴューでこう語っている。

 「ジョーンズさんも書かれていますよね。日本人は戦争に負けたということを恥じる気持ちでいるかわからない。でも、恥じる気持ちは知識の欠如だって。世界中の戦士のなかで、日本軍の兵隊は本当に優秀だった。その人たちが全力で戦った誇りを、決して忘れてはいけないんです」

 竹野内さんは、こうも言う。「自分たちのルーツをたどれば、どこかであの方たちの遺伝子があり、日本人としての誇りが眠っているはずだと思うんです。(ロケ地の)タイで一緒に過ごした兵隊役の役者さんたちって、すごく若いのに日本人としての強いスピリットをもっているんですよ。だから、忘れているわけではない。自分たちに備わっているということに、自分を含め気づいていないだけなのだと思いました」

 この作品は薄っぺらな反戦映画などではなく、「日本人の誇り」をテーマとしている。ふた昔も前なら、日本特有の風潮のなかで、「戦争賛美の作品だ」とか「右傾化が危ぶまれる」などとわめく者がいただろう。

 戦争を扱っている以上たくさんのが人が死んでいくが、感傷的な仕上がりではない。日本の本土で戦争を指導した大本営は、サイパン島に食料も武器弾薬も送らず兵士や民間人を見捨てた。そうした戦争指導部の無責任体質を背景に、大場大尉たちが最前線の軍人として日本人としてどう生き、どう死のうとしたかが描かれる。

 大場隊は、1945年8月15日の終戦から100日以上も戦闘をつづけた。アメリカ軍の投降呼びかけに、大尉は「我われは軍人であり上官の命令があるのなら」と条件をつけた。投降命令書が届き、アメリカ軍のジープに乗りながら、敵だった相手に対して語る。「ただ無心に戦っただけ。私はこの島で、ほめられるようなことは何もしていません」

 「とにかく学生さんや若い人たちに見てもらいたい」と、竹野内さんは言う。かみさんをふくめシネマに足を運んだたくさんの人たちが、大場大尉らの堂々とした生き様に感動し涙を流した。

 原作者のジョーンズ氏が驚いたように、戦後の日本ではなぜ「国を守るために戦った精神」について語られなかったのだろう。

 国外要因として、終戦から7年間、日本を統治したGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の占領政策がある。東京裁判で日本と日本人を一方的に断罪し、言論を統制して戦前戦中のすべてを悪とするキャンペーンを張らせた。

 国内要因としては、GHQにおもねり日本の文化や精神の伝統まで否定して“善い日本人”のふりをした転向左翼メディアやえせ平和主義者らの言動があった。

 息子は最近、ぼくに2006年発行の『永遠の0(ゼロ)』という本を推薦してくれた。日本が誇った零戦の元パイロットたちを描く。ある元戦闘機乗りは、作中の新聞記者に言う。

 「戦前、新聞は大本営発表をそのまま流し、毎日、戦意高揚記事を書きまくった。戦後、日本をアメリカのGHQが支配すると、今度はGHQの命じるままに、民主主義万歳の記事を書きまくり、戦前の日本がいかに愚かな国であったかを書きまくった。……自分こそが正義と信じ、民衆を見下す態度は吐き気がする」

 ここで、第一に糾弾されているのは、言うまでもなく朝日新聞だ。今、若い世代を中心に、国民はそのいんちきぶりに気づいている。朝日の部数は激減し、ボーナスは3分の2に減り給与の3割カットも検討されている。

 『太平洋の奇跡』が受け入れられたのは、歴史の必然だろう。

 --毎週木曜日に更新--

|

« さすらいの渡世人ジャーナリストたち | トップページ | ひな祭りは中華の“役得料理”で盛大に »

書評・映画評・メディア評」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540025/50955634

この記事へのトラックバック一覧です: 戦後、学校で教えずメディアも伝えなかったこと:

« さすらいの渡世人ジャーナリストたち | トップページ | ひな祭りは中華の“役得料理”で盛大に »