« 国王スキャンダルにみるスウェーデンの本当の顔 | トップページ | メロンと銃弾 アフガニスタンの戦乱は悲しい »

脱原発スピーチ作家の後出しじゃんけん

 有事には、国や個人の品格が表れる。東日本大震災、東京電力福島第1原発事故では、日本の政治が三流、下劣であることを改めて浮き彫りにした。そして、個人はどうか。

 作家の村上春樹氏は、2011年6月9日、スペインのカタルーニャ国際賞の授賞式で、<非現実的な夢想家として>というタイトルのスピーチをした。原発問題が語られたが、その立ち位置には品性のなさ、ずるさがうかがえる。

 毎日新聞ウェブ版は、スピーチテキストの全文を掲載した。村上氏は、倫理や規範といった「簡単には修復できないものごと」について語る。「具体的に言えば、福島の原子力発電所のことです」

 「何人かの専門家は、かつて同じ規模の大津波がこの地方を襲ったことを指摘し、安全基準の見直しを求めていたのですが、電力会社はそれを真剣には取り上げなかった。なぜなら、何百年かに一度あるかないかという大津波のために、大金を投資するのは、営利企業の歓迎するところではなかったからです」とし、原子力政策を推し進めた政府の責任にも言及する。

 「しかしそれと同時に我々は、そのような歪んだ構造の存在をこれまで許してきた、あるいは黙認してきた我々自身をも、糾弾しなくてはならないでしょう。今回の事態は、我々の倫理や規範に深くかかわる問題であるからです」

 「これは我々日本人が歴史上体験する、(原爆投下につづき)二度目の大きな核の被害ですが、今回は誰かに爆弾を落とされたわけではありません。我々日本人自身がそのお膳立てをし、自らの手で過ちを犯し、我々自身の国土を損ない、我々自身の生活を破壊しているのです」

 「原子力発電に危惧を抱く人々に対しては『じゃああなたは電気が足りなくてもいいんですね』という脅しのような質問が向けられます。国民の間にも『原発に頼るのも、まあ仕方ないか』という気分が広がります。高温多湿の日本で、夏場にエアコンが使えなくなるのは、ほとんど拷問に等しいからです。原発に疑問を呈する人々には、『非現実的な夢想家』というレッテルが貼られていきます」

 「原子力発電を推進する人々の主張した『現実を見なさい』という現実とは、実は現実でもなんでもなく、ただの表面的な『便宜』に過ぎなかった。それを彼らは『現実』という言葉に置き換え、論理をすり替えていたのです。... 」

 「それは日本が長年にわたって誇ってきた『技術力』神話の崩壊であると同時に、そのような『すり替え』を許してきた、我々日本人の倫理と規範の敗北でもありました。我々は電力会社を非難し、政府を非難します。それは当然のことであり、必要なことです。しかし同時に、我々は自らをも告発しなくてはなりません。我々は被害者であると同時に、加害者でもあるのです。そのことを厳しく見つめなおさなくてはなりません。そうしないことには、またどこかで同じ失敗が繰り返されるでしょう」

 「我々日本人は核に対する『ノー』を叫び続けるべきだった。それが僕の意見です」

 そして、村上氏はこう主張する。

 「我々は夢を見ることを恐れてはなりません。そして我々の足取りを、『効率』や『便宜』という名前を持つ災厄の犬たちに追いつかせてはなりません。我々は力強い足取りで前に進んでいく『非現実的な夢想家』でなくてはならないのです」

 一見、格調が高く、高い倫理に基づいたスピーチにも思えるが、根本的な疑問がわく。

 なぜ、村上氏は「我々日本人」という主語を使うのか。スピーチの最後には「言葉を専門とする我々=職業的作家たち」という表現が出てくるが、職業作家としての村上春樹自身が、原発問題をこれまでどう考え、どう表現したり行動したりしてきたかは、ついに語られない。

 これとまったく対照的なスピーチがある。2010年のノーベル文学賞を受賞したペルー出身の作家マリオ・バルガス・リョサ氏(75)は、2011年6月20日に来日し、東京都内で記者会見した。リョサ氏は「私はこの事故が起きるまで、完全に安全な原発が建設できると考えていたが、フクシマ以後考えを改めた」と打ち明けた。ここには、明確に「私」がある。

 日本のマスメディアは、村上スピーチを評価して取り上げ、そこには批判的視点はまったくなかった。ブログなどで絶賛、心酔している<善良な日本人>も散見される。

 これは、第2次大戦に破れ、国際社会から悪者にされた日本人がとった言動を彷彿とさせる。戦後、日本では<一億総懺悔>という言葉が流行った。「日本人みんなが悪かった。だからざんげしよう」というわけだ。その一方で、「日本人はたしかに悪かったが、私はそんな一般の日本人とはちがう」と、日本人でありながら日本と日本人の戦争責任を追及する<反日日本人>がたくさん生まれた。彼らは「私の責任」ではなく「一般の日本人の責任」を追及してきた。そこには、自己保身、自己愛の心理作用が如実に表れている。

 原発をめぐる村上氏の立ち位置は、そうした<反日日本人>と変わらない。後出しじゃんけんなのだ。「フクシマ以後考えを改めた」と打ち明けたうえで、では具体的にどうすればいいかを語るべきなのは、村上氏ではないか。

 --毎週木曜日に更新--

|

« 国王スキャンダルにみるスウェーデンの本当の顔 | トップページ | メロンと銃弾 アフガニスタンの戦乱は悲しい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540025/52081796

この記事へのトラックバック一覧です: 脱原発スピーチ作家の後出しじゃんけん:

« 国王スキャンダルにみるスウェーデンの本当の顔 | トップページ | メロンと銃弾 アフガニスタンの戦乱は悲しい »