« 受験生は読まないほうが無難だが 『宇宙に外側はあるか』 | トップページ | あなたは献血NG、だなんてふざけるな »

レバ刺しと消費増税ヒステリー

 「レバ刺し」が、2012年6月にも法で禁止される見通しとなった。ふざけんな厚労省という怒りはふつふつと湧き上がり、かみさんと急きょ、いきつけの焼肉店『Wちゃん』へ行った。

 この店の和牛レバ刺しは739円で、文句なしに絶品だ。量もふたりで軽く食べるのにちょうどいい。特製塩だれの焼きホルモン類も捨てがたいが、まずはレバ刺しだ。いつも岩塩入りのごま油で食べる。

 「レバ刺しが禁止になったら、どうするんですか?」。マスターに聞いてみた。「痛いところですねぇ。お客さんの大半が注文してくれるドル箱ですから。まあ、様子を見て、売り上げに大きく響くようなら“裏”で出すことになるかも」

 生レバーをはじめWちゃんの肉は、特殊なルートから仕入れる特上品だ。ミノの刺身など珍しいものもあるが、いずれも食中毒には万全の注意を払っている。

 厚労省が庶民のささやかな楽しみであるレバ刺しに目をつけた直接のきっかけは、2011年4月の食中毒事件だ。焼肉チェーン店でユッケを食べた5人が死亡した。牛の肝臓の内部にも食中毒の原因菌がいることがわかり、厚労省はその年の7月6日にレバ刺しの提供を「自粛」するよう通達を出した。それでも、多くの焼肉店はレバ刺しを出しつづけた。

 ところが、一部の牛の肝臓からOー157が検出され、ついにレバ刺しを法律で禁止することになった。違反すれば2年以下の懲役などが科される。

 厚労省の基準審査課は、あるメディアにこう話している。「自粛を要請した昨年7月以降、4件も食中毒が出ており、今のところ規制以外に防止策はないと考えています」

 ちょっと待ってくれ。9か月のあいだに全国で「4件も」じゃなく、たった「4件しか」生レバーでの食中毒は報告されていないというのだ。それも、死者などが出たわけではないらしい。

 もし、そんなデータでレバ刺しを禁止するというなら、牡蠣の生食なんかはどうなんだ。ある医師は言っていた。「牡蠣は約1%の確率で当たるから、翌日に大事な予定があるときはやめておいたほうがいい」

 生レバーの法規制なんて、官僚のことなかれ主義以外の何ものでもない。禁止してるんだから闇で食って当たっても役所に責任はないよ、と。

 メディアはこれにどんな反応をみせたか。読売は厚労省の方針を発表文のまま短く伝えただけだ。朝日は、社会面で焼肉店の反発の声も一応とりあげた。「食べたい人だけが食べているのだから、禁止はやりすぎ。放っておいてほしい」「販売禁止は死刑宣告に近い」。レバ刺しが禁止されると、業界での損失が約300億円にも上るという。

 メディアのなかで一番姿勢がはっきりしていたのは、珍しく日経新聞だった。会社の偉いさんがレバ刺しファンなのかどうか、4月4日付社説で「『レバ刺し禁止令』の愚かしさ」と題し論陣を張った。

 <こうも短絡的な『禁止令』がまかり通っていいのだろうか。…1998年以降の食中毒事例は年間10件ほどだ>
 <ただ1つの事業者が引き起こした不祥事を機に『官』による規制が際限なく広がる、 典型的なパターンだろう。耐震偽装事件のあと、建築基準法が強化され、業界を萎縮させたのと同じだ>
 <抵抗力の弱い子どもや高齢者には肉や魚の生食をさせない。ルールを守らない事業者は個々に処分する。禁止令の前に、やることがあろう>

 信濃毎日新聞も5日付社説で問を投げかけた。<納得を得られないまま禁止すれば、店が『裏のメニュー』として出すことにもなりかねない>

 明治以来の日本は、官僚独裁国家だと言われる。いまの野田政権など官僚カイライ政権以外の何ものでもない。そして、独裁体制にほとんど立ち向かうこともしないのが、日本のマスメディアだ。ネットの世界で「マスコミならぬマスゴミ」と揶揄されるのも、新聞記者出身のぼくとしては、ごもっともだと思う。

 財務省が主導し、官僚カイライ野田政権が血道をあげている消費増税は、レバ刺し問題の比じゃない。マスメディアがこぞってプロパガンダ役になっている。

 「社会保障・税の一体改革」などともっともらしいキャッチフレーズを財務省は掲げ、首相もマスメディアも大合唱している。しかし、「増税分の全額を社会保障の財源にする」というのは真っ赤なウソのようだ。半分以上の7兆円は、借金である国債の償還に充てる。社会保障の充実に使われるのはわずか2.7兆円で、しかもそのうち年金制度の改善に使われるのは0.6兆円に過ぎない。

 公共事業の単価は民間よりかなり割高で、それを削ればいま増税なんて必要ない、とも言われる。民主党はド素人集団だから、官僚を説き伏せ公共事業の実態に切り込むことができなかった。

 嗚呼、マスメディアは消費税問題もレバ刺し問題も、一度、原点にもどさせるよう論陣を張るべきでないか。お上にはさからわない、人民日報や朝鮮中央通信みたいなマスメディアならないほうがいい。うっぷんは、闇のレバ刺しでも食べてはらすことにしようか。

 --毎週木曜日に更新-

|

« 受験生は読まないほうが無難だが 『宇宙に外側はあるか』 | トップページ | あなたは献血NG、だなんてふざけるな »

書評・映画評・メディア評」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540025/54508622

この記事へのトラックバック一覧です: レバ刺しと消費増税ヒステリー:

« 受験生は読まないほうが無難だが 『宇宙に外側はあるか』 | トップページ | あなたは献血NG、だなんてふざけるな »