« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

なでしこの「金」は狭き門だが

 超美人にだったら、ムチで打たれても気持ちいいかな!?

 スウェーデンで2012年6月18日に行われた、なでしこJAPAN対アメリカ代表のロンドン五輪強化試合をみて、そう思った。別に、M男というわけではないが。

 キックオフからわずか3分、FWモーガン選手にあっという間にゴールを決められた。なんというスピード、なんという美貌とスタイル。

 世界のスポーツ界を見渡しても、トップクラスの美人だろう。不思議に、先制点を取られても、悔しい気持ちがわかなかった。なでしこJAPANと命名されるよりずっと前から、日本女子サッカーを応援してきたが、男というのは勝手な生き物だ。

 反対に、重戦車みたいなエースFWワンバック選手に点を取られると、やっぱり悔しい。

 モーガン選手といえば、昨年の女子W杯決勝でスーパーサブとして途中から入り、なでしこDF陣を置き去りにして、ゴールに叩き込んだ。

 そのときから比べても、ボール扱いが格段にうまくなっている。強化試合の後半、主将MF宮間あや選手の不用意な横パスをかっさらって、個人技で2点目を取った。

 結果は1対4と日本の惨敗だった。あの試合だけみれば、ロンドンで金メダルを取るなんてとても無理だ、と思った人も多いだろう。

 みんなの体が重そうで、アメリカの選手の動きに全然ついていけなかった。いつもなら、ワンタッチのパスが面白いように通るはずなのに、パスを出しても味方と呼吸が合わず、敵にボールを取られてしまう。

 試合後、佐々木則夫監督も認めていたが、チームのコンディションは最悪だった。スウェーデンに空路約20時間もかけて入ったのが金曜日だった。7時間の時差に心身を合わせる間もなく、月曜日の試合だった。

 逆に、アメリカは“禍転じて福となす”を地でいっていた。アメリカの女子サッカーは経営不振で、今シーズンはリーグが停止された。ワンバックやモーガンは、日本のなでしこリーグに来て試合勘を維持する話もあった。

 しかし、アメリカ・サッカー協会は、女子代表候補選手全員を臨時に雇用し、この春からずっと合宿練習をさせていた。まるで、北朝鮮代表みたいだ。

 狙いはもちろんロンドン五輪での金メダルだが、そのためには日本のパスサッカーを撃破しなければならない。合宿ではずっと、その対策に時間をかけたのだろう。

 パスのコースを読み、カットして一瞬で攻撃態勢に入る。パスワークの質をあげ、ゴールに迫る。

 試合の2点目をあげたワンバックのゴールは、その練習の成果がよく表れていた。

 アメリカは、スウェーデンに2週間も前に入り、入念なコンディション調整をしていた。だから、なでしことはホームとアウェーのような、あるいはそれ以上の差があった。

 日本での春の日米親善2試合で、なでしこは1勝1分けだったが、その時点でアメリカがパスワークに力を入れはじめていたのは、明らかだった。

 佐々木監督も「あれが完成したら、太刀打ちできないかもしれない」と大いに警戒していた。それでも、なでしこ並みのパスワークが一朝一石にできるとは思わなかっただろう。

 しかし、スウェーデンでの試合を見る限り、予想以上に完成形に近づいていた。

 なでしこのほうは、頼みの澤穂希選手が故障明けで、まだ回復途中だった。攻守に走り回るいつもの切れはなく、動きの悪いなでしこのネガティブシンボルみたいだった。

 代表に残るためにアピールしなければならないFW丸山桂里奈選手なども、あまりぱっとしなかった。

 アメリカはロンドン行きの登録18選手をすでに決め、そのチームで試合に臨んだ。ところが、日本サッカー協会は、7月2日にメンバーを発表する。多くの候補選手はどんぐりの背比べで、スウェーデンでの出来を見極めてから18人に絞るつもりだったのだろうが、いかにも遅い。

 本番まで3週間あまりしかなく、連携を強化する時間がほとんどない。男子のW杯では、Jリーグを中断して代表チームは1か月くらいの合宿を張る。日本の女子サッカーの歴史を変えるロンドン五輪なのに、代表の日程が優先されないのは、本末転倒にも思える。

 悲観材料ばかりみたいだが、サッカーは戦ってみなければわからない。W杯で優勝し受けに回った印象がどこかにあったなでしこも、アメリカに改めて惨敗して、もう一度、本気でチャレンジャーになれるだろう。

 たかが強化試合なのに、アメリカの女性監督が、点を取るたびに躍り上がって喜んでいたのが目についた。練習の成果がはっきり表れてうれしかったのだろうが、まだ、喜ぶのは早い。日本に圧勝して、無意識にせよ油断が生まれれば、こっちの望むところだ。

 なでしこでは、絶好調のFM永里優季選手に期待がもてる。そして、スウェーデンでは調子がいまいちだったが、何といってもちびっこ宮間選手がキープレーヤーとなるだろう。あの戦術眼とパスの精度は世界一だ。それに、澤選手が完全復調すれば申し分ない。

 金メダルへの道は狭き門だが、潜り抜けられないことはない。モーガンの悔し涙が見てみたい。

 --毎週木曜日に更新--

| | トラックバック (0)

「レバ刺禁止」は、煮ても焼いても食えない

 「そういえば、今月でレバ刺が食べられなくなるんですねぇ」

 仕事の打ち合わせをしていたら、Mさんが話題を変えた。女性に関しては“ロールキャベツ系”のMさんだが、食べることにはむき出しの肉食系だ。

 「そうですねぇ。ぼくもレバ刺歴40年、あのプリプリした触感と濃厚な味はたまらないですよね」

 打ち合わせもそこそこに、Mさん行きつけの焼肉店へふたりで足を運んだ。店内はほぼ満席だった。

 メニューをさっと見たMさんが、注文を取りに来たマスターに、「じゃ、レバ刺をまず2人前……」と言いかけると、「すいません。レバ刺は予約分ですでに売り切れです」

 みんな、考えることはおなじなんだなぁ。2012年7月1日から、生レバーを飲食店で出すことが禁止される。だから、いま、駆け込み需要の真っ最中なのだ。

 「生レバーは、まるでフグの卵巣、というより、覚せい剤かコカインみたいになってしまって」

 「同感です」と答えながら、週刊ポストの5月18日号に載っていた記事を思い出した。

 <『レバ刺』を禁止した厚労省の大バカ規制 もっと他にやることがあるだろう>

 こんなタイトルだった。まさに、わが意を得たりという感じだ。

 レバ刺禁止は、前年、『焼肉屋えびす』でユッケを食べた人がO‐111の食中毒になった事件のあおりだった。でも、その焼肉屋の衛生管理は、じつにずさんなものだった。

 圧倒的多数のまともな焼肉店と十把ひとからげにするのは、断固、まちがっている。

 牛のレバーを生で食べる! というのは、外国人がびっくりする日本の食文化のひとつとなっていた。ぼくが知る限り、海外では一軒だけ、タイのバンコクで日本人が経営する焼肉店で食べることができた。常夏の国だから、食品が傷むのも速い。そこで生のレバーに挑むわけだから、フグの卵巣を注文するような度胸がいった。

 それだけに、口に入れたときの感激は表現のしようがない。いっしょに食べた人に後日聞くと、「ちょっとお腹にきたかな」という“副作用”があったりしたが、ぼくらはそれでもめげず、何度も通って挑戦した。

 朝日新聞などによると、レバ刺の経済規模は年間約300億円にもたっする。

 では、どれだけ生レバーは危険なのか。週刊ポストが伝える厚労省の「平成23年食中毒発生事例」によると、昨年、全国で1,062件の食中毒が発生し、2万人ちょっとが病院などで処置を受けた。

 そのうち、牛レバーによるものはわずか12件、61人だった!

 生ガキなど貝類を原因とするものが50件、きのこ類が37件だった。

 去年の食中毒による死者は11人だったが、牛のレバーではひとりも亡くなっていない。じつは、1998年以降、牛レバーによる死亡例はないというのだ。嗚呼、それなのになんという。

 先日のニュースで、政府が最終的に生レバー禁止を決定する会議のもようを中継していた。ドブネズミルックのおじさんたち数10人が、しかめっ面をして協議していた。

 「あんなくだらないことのために、たくさんの人が集まってる。まったく、税金のムダねぇ。他にやることないのかしら」

 かみさんが言うのももっともだ。

 生レバーの禁止自体、万一、食中毒事件が起きても厚労省の責任にならないようにするための、アリバイ作りとしか思えない。じゃ、生ガキも禁止してみろ。世界の笑いものだ。

 週刊ポストは、畜産業界関係者のコメントを載せている。「牛レバー規制が始まれば、飲食店をチェックする天下り団体新設などにつながることも十分予想される」

 法的規制のために、街の焼肉屋さんが生計に困り、多数の国民の食べる楽しみを奪うことになっても、役人はへとも思わず、利権を増やしていくのか。

 記事にはこんなくだりもあった。東京大学・食の安全研究センターに厚労省がレバーのO‐157汚染を防ぐことができないか、研究を依頼した。しかし、岡崎勉センター長はこう語っている。

 「調査期間は1か月ほどしか与えられず、中途半端なデータの提出だけに終わってしまった。さらに検証を続けていれば、O‐157汚染は未然に防げるという結果が得られた可能性は高い」

 結論は、先にあった。これも、明治以来の官僚独裁の弊害そのものだ。そして、大新聞やテレビなどほとんどのマスメディアは、霞が関=大本営を批判することもなく発表を垂れ流していく。

 これをぼくは、<政官業報の癒着>と呼んでいる。政官業の癒着は指摘されて久しいが、新聞社を辞めてから、実態は、それに報道もからんだどうにもならないところまできていることに気づいた。今回は、「業」の一部の弱いところが「官」の被害者になったが。

 日本人の舌を楽しませてきたものすごい量の生レバーは、これからどう流通していくんだろう。「鮮レバー」としてメニューに載れば、お客が勝手に生で食べられるのだが。

 --毎週木曜日に更新--

| | トラックバック (0)

バレーボール “万年ホームゲーム”じゃ、未来はない

 防犯カメラが設置された電信柱がある。と思えば、コートわきで大林素子さんがマイクを手に立っていた。テレビのスピーカーからは、相変わらず川合俊一さんの解説が聞こえてくる。

 なんかヘンだな、これでいいんだろうか。2012年6月のバレーボール男女ロンドン五輪最終予選をテレビ観戦して、多くの人がそう思っただろう。

 振り返れば、2010年の女子世界選手権、2011年の男女ワールドカップ(W杯)につづいて、今回も日本で開かれた。

 ジャニーズか何か知らないが、試合前、お兄ちゃんのグループが歌って踊り、スタンドの女の子たちをキャーキャー言わせている。試合中も通路付近で、水着と見まごうコスチュームのチアガールがポンポンを手に跳ね回り、テレビ桟敷のお父さんたちの目を引いている。

 スポーツはエンターテインメントの一種とはいえ、中継するテレビ局の視聴率稼ぎ戦術は見え見えだ。

 どうしてバレーボールでは、大きな大会がいつも日本開催なのか。日本バレーボール協会の力がそれだけ強いのか。

 一説によれば、日本ではバレー人気が他国に比べて異様に高く、視聴率が取れるので、有力スポンサーがつきやすいという。1964年東京五輪での『東洋の魔女』による金メダル、1972年ミュンヘン五輪の男子金メダルなどの遺産が、バレー人気という意味でまだ残っているということだろう。

 そのため、開催費用だけでなく裏表の金もポンと出せ、日本に大会を誘致するのが容易なのだろうか。

 言い方は悪いが、高視聴率による札びらで、世界のバレーボール界を引っぱたいているようなものかもしれない。

 試合時間は本来ならばらばらだが、全日本は、いつもゴールデンタイムの午後7時からと決まっている。チームにとってはコンディションが作りやすい。そして満員の大声援を受けて試合に臨める。どう考えても、ホームの利は大きい。

 国際スポーツは、その国の経済力をふくめた総合力がものを言うから、視聴率で引っぱたくようなやり方も、まあ、ありかもしれない。

 でも、それは、地の利に後押しされて勝てればの話だ。実際には、ロンドン五輪に女子はかろうじて出場できるが、男子はやっぱりだめだった。

 産経新聞は6月11日付けで、日本バレー界の半ばタブーになっているらしいこの問題にふれた。

 <最終予選4位で五輪切符を得た女子にも当てはまるが、敵地で不利な状況に陥った場合、果たして実力以上の力を出せる能力は備わっているのか。「五輪でメダル」を考えるのならば、主要国際大会の自国開催の在り方も見直す必要があるだろう。>

 男子サッカーでの“アウェーの洗礼”を思い出す。2004年、日本の男子五輪アジア予選代表は、中東某国で半数もの選手が下痢や腹痛に見舞われ、大変な思いをした。原因は特定されておらず、疑惑は解決されないままだ。場合によっては国際問題になりかねないところだ。

 日本の代表チームが泊っているホテルの外で、現地のサポーターが一晩中大騒ぎし、選手の安眠を妨害することもある。

 いま、ブラジルW杯アジア最終予選の真っ最中だが、ザックJAPANは、3連勝をねらったオーストラリア戦で、やはりアウェーに苦しめられた。ピッチがぼこぼこで、お家芸のパスサッカーがやりにくかったのもアウェーならではだった。それ以上に、サウジアラビア出身の主審に不可解なジャッジを何度もされ、勝てたゲームをドローにされた。

 中東A国と試合をするときには、中東B国出身の審判が露骨なえこひいきをする。ご存じ“中東の笛”だ。今回の対戦相手は中東ではなかったが、笛の吹き方は異常だった。

 反面、アウェーの洗礼のおかげで、日本のサッカーはたくましく発達したともいえる。

 いつも日本開催で甘やかされた全日本バレーチームは、精神的にか弱い。今回の男子最終予選の初戦、植田JAPANは最強豪のセルビアと戦い、0対3で惨敗した。メンタルが左右するサーブで、日本はじつに20本もミスをした。それで試合になるわけがない。

 男女バレーを強くするためには、あえて条件の悪い国外で大会を開くべきだろう。ドル箱を失うテレビ局は猛反対するだろうが。

 戦術的なことで言うと、もっと意図的なタッチアウトを取らなければ、平均身長が10数センチもちがう欧米に勝てるわけがない。かつて、高橋みゆき選手は「下から天井へ」打つようなアタックで敵を翻弄した。今回、男子のセルビアは、圧倒的に高いのに、日本ブロックの指先を狙う「水平打ち」を繰り返した。ボールをコート内に叩きつけるだけがバレーじゃない。

 監督も日本人にこだわる必要はまったくない。札びらを積んで名監督を招聘すればいい。

 このままでは、日本バレー界に未来はない。

 --毎週木曜日に更新--

| | トラックバック (0)

ナスカの地上絵 夢もロマンもないらしい

 このところ、力がふにゃっと抜けるようなニュースがつづいている。

 大阪維新の会代表の橋下徹・大阪市長は、2012年6月1日、福井県の関西電力大飯原発再稼働をめぐり、「民主党政権を倒す」と決意を示していた自らの発言を「撤回する」と述べた。次期衆院選で民主と対決するとしてきた維新の方針も見直す。

 それじゃ、面白くない。選挙で政権が代わることを実証した民主党の、歴史的使命はおわった。憲政史上最低の民主党政権をぶっつぶし、官僚独裁体制を崩壊させてくれないと、このニッポンは後進国への下り坂を一直線にころがりおちる。

 まあ、<君子豹変す>の橋元さんだから、いざその時になれば、立ちあがってくれるだろうが。

 個人的にもっと力が抜けたのは、「光より速いニュートリノ」が幻になったことだ。

 昨年9月、「光速より速い素粒子を発見した」と世界に向けて発表した、名古屋大などの国際研究グループOPERAは、その実験結果を公式に修正した。

 アインシュタインの相対性理論は、光より速い物質は存在しない、としているから、超光速素粒子が本物なら、過去に行け、物理学と宇宙論を根底からひっくり返す世紀の大発見だったのに。実験ミスの原因が、装置の接続不良というばかげた話で終わった。

 それでもぼくは、いつかどこかで超光速素粒子が発見されることをまだ夢見てはいる。

 これにまさるとも劣らないのが、ナスカ地上絵をめぐる話だ。ナスカの台地に描かれた巨大な絵は、宇宙人説をはじめその方面のファンに夢とロマンを与えてきた。

 でも、それもどうやら、身も蓋もない話で終わることになりそうだ。毎日新聞の2月22日付け朝刊で、ぼくの義弟がちょっとした“スクープ”をした。この話、一般にはまだ伝わっていないようなので、記事をもとに少し詳しく紹介する。

 ナスカ台地は東西約20キロ、南北約15キロに広がり、1920年代から考古学調査が行われてきた。総数は1,000点以上にのぼる。大部分の地上絵は、ナスカ期(紀元前200年ごろ~紀元700年ごろ)に描かれたことがわかっている。

 直線は8キロ以上にわたり、動物の絵も大きいものでは300メートル近くにもなる。上空からでなければ全体を一望することができない。飛行機もない時代にどうして描くことができたのかが、最大の謎だ。また、誰が、何のために。だから、宇宙人説がでてくる。

 謎の解明に挑んでいる専門家は数多く、そのひとりが山形大学の坂井正人教授(文化人類学・アンデス考古学)だ。

 1994年から地上絵の研究をつづける坂井教授は、分布に何か規則性がないかと、2004年以降、山形大の研究チームで人工衛星写真を分析し、全長65メートルの生物らしい図像を含め、100点以上の地上絵を新たに見つけた。

 そして、坂井教授は、今も地上絵が描かれている(!)という話を聞き、2008夏、ナスカ台地の南西部を訪れた。すると、30メートル以上もあるキリスト教の聖母の像が斜面に描かれていた。

 驚くべきことに、近くの町に住む女性ふたりが、2003年にわずか30分ほどでそれを描いたという。記事はこうつづく。

 <この地域では、畑に種をまくとき、全員が横1列に並んで足並みをそろえて前進する。種をまくタイミングは半歩単位で決まっていて、大きく成長する作物の場合は間隔を空ける。隣の人との距離も作物によって決まっている。農民たちは道具を使わず、目視で距離を測る。その距離感覚は研ぎ澄まされ、かなり遠くの山までの距離も目測で「何百歩」と、ほぼ正確に言い当てることができる。>

 <2人の女性はこの要領で、相手との距離を測りながら、足並みをそろえて左右の線を同時に描いていったのだ。さらに、写真を渡して、全長20メートルのキツネの地上絵を描くよう教授が依頼したところ、わずか15分ほどで完成した。写真を原図として、どの部分が何歩分になるかを頭の中で換算して描いたという。>

 教授は2009年秋、この方法でほんとに地上絵が描けるか、山形県天童市立天童中部小の校庭で実験をした。6年生児童と保護者が約20メートル四方の将棋の駒やサクランボなどを描き、山形大の学生の応援を得て、全長約100メートルのハチドリの地上絵もほぼ原寸大で再現した。

 この話は、きっと、山形の地元メディアも伝えたはずだ。問題はこの後だ。

 ナスカ台地は酸化して黒くなった小石で地表が覆われいる。ふたりの女性は、片方の足で地表の黒石を蹴飛ばして、白い砂地を露出させて白い線を描いた。この方法によれば、<黒石を蹴るときに支えとした軸足の跡が線のわきに残る。右足で蹴りながら進んだら、左足の跡だけが点々と残っているはずだ。>

 教授は、何百メートルも先まで地表の起伏をミリ単位で測定できる3Dレーザースキャナーを現地に持ち込み、古代に地上絵を描いた人々の痕跡が残されていないか調べているところだという。

 痕跡が確認された時点で記事にすれば、世界的スクープになったのではないか。おなじ新聞記者出身のぼくならそれまで待つ。それは、世界中の夢を覚ますことになるのだが。

 --毎週木曜日に更新--

| | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »