« いじめ 人類の後退と不調和 | トップページ | アフガンメロンの追憶 »

東北人、東北人魂、風評被害――福島にて

 東北大震災を受けてのメディア報道で、どうしてもピンとこない言葉がある。

 <東北人>と<東北人魂>だ。あれって何なんだろう。

 東北の太平洋側で大変な被害が出て、原発事故もあり、「おなじ東北人としてできることを」とかいう。Jリーグには「東北人魂を持つJ選手の会」というのもできた。

 ぼくは中国地方の島根県に生まれ育ったが、<中国人>とか<中国人魂>などという言葉は聞いたことがない(^▽^)。

 岡山県で震災被害があったとして、島根県人が「おなじ中国人だから、何を投げ打ってもサポートしなけりゃならない」とかいう話の進み方はしないんじゃないかと思う。

 もちろん、近県のことだから、救援物資を運んだり、場合によっては被災者を受け入れたりはするだろうけど。その場合でも、<東北人>という言葉から感じられる独特の地域性みたいなものは、たぶんないだろう。

 そんなことを頭の隅で考えながら、福島県に行った。大学のクラブ合宿で磐梯山麓の民宿に泊まって以来だから、38年ぶりだった。

 猪苗代湖はある程度の人出でにぎわっていると思いきや、まったく閑散としていた。観光船の乗り場付近には2、3人しかいない。

 湖畔の食堂も、お昼時だというのに、客はまばらだった。焼き団子などを注文し、テーブルにあった地元紙・福島民報をめくってみた。

 やはり原発事故をめぐる記事が多い。『原発大難』というタイトルの連載記事もあった。県内の産業をどうやって再興するかというテーマのようだ。

 『放射能に負けない健康レシピ』というシリーズには、不謹慎ながら思わず笑ってしまった。だがもちろん、内容は大まじめだ。何をどう料理して食べたらいいかは、地元民の関心のまとにちがいない。この日のメニューは「大豆のかき揚げ」だった。

 <土の中に埋めれば、また芽が出て一粒が何十倍、何百倍にもなる食べ物こそが完璧です。生命力のある食べ物をしっかり食べて・・・><大豆はよく洗い、ゆでこぼしましょう。大豆はほとんど輸入ものなので、セシウムの面からは安心です>

 放射能汚染の恐れで生活をめちゃくちゃにされたしまった人びとの、不安や不信がにじみ出ている。

 食事を終え、店先の土産物コーナーにいるご主人に、震災時のことを聞いてみた。

 「この辺はあまり揺れず、棚が倒れて商品が飛び散るみたいなこともなかったよ。それより、風評被害がひどく、売り上げがさっぱりになったのがねぇ」

 湖から車で30分あまり山を登り温泉ホテルへ着いた。フロント係にも震災時のことを聞くと、やはり大きな揺れはなかったという。

 「エレベーターは止まりましたが、電気や水道、ガスは大丈夫でした。ただ、スキー、スノーボードのお客さんたちへの対応でてんてこ舞いしましたけど」

 そのホテルの別のスタッフに聞くと、風評被害はすさまじい。「うちのホテルは、雪のある繁忙期に、九州、関西地方の学校の冬季研修でにぎわうんですが、大震災以来、全キャンセルの状態がつづいています。放射能の影響はまったくないのに、フクシマというだけで親御さんたちがびびってしまって」

 このホテルは、以前からつづけている県内の老人会ツアーのおかげで、なんとか経営しているそうだ。福島県民は、どこがだめでどこが安全か知っているから、風評に踊らされることはない。

 ホテルロビーで読んだ朝日新聞の天声人語は、東京の代々木公園で前日に開かれた「さよなら原発10万人集会」に触れていた。主催者のひとり、ミュージシャン坂本龍一さんの呼びかけが引用されている。

 <福島のあと沈黙していることは野蛮だ>

 つまり、反原発の声をあげろと。言いたいことはわかるが、磐梯高原にいるいまでは考えさせられてしまう。

 ノーモアヒロシマのように、原発事故・放射能汚染がフクシマの名でシンボライズされて世界に発信される。しかし、福島県も広く、揺れもセシウムも関係ない地域がいろいろある。原発事故をフクシマとひとくくりにして叫ぶことへ、内心反発している福島県民がたくさんいるのも事実だ。

 ホテル大浴場のロビーで会った各地老人会の人たちに、東北人という言葉について聞いてみた。横浜市の出身で福島市に家を建てて住んでいる男性は言った。「東北人同士だからという連帯感みたいなものは、確かにあります。関東にはたぶんないものですね」

 東北人魂とは、厳しい気候に加え、古代の蝦夷征伐、幕末の戊辰戦争などで被害者、敗者となってきた歴史風土が生んだ、情念のようなものなのだろうか。

 会津若松市の男女はこんなことを口にした。「東北人としての連帯意識は高く、岩手、宮城の被災者を各地区で受け入れた。でも、あの人たち、補償をうんともらっているせいか“お金持ち”の雰囲気があり、むずかしい面もあります」

 福島という言葉も東北人という言葉も、きめ細かく考えなければ「野蛮」になる。

 --毎週木曜日に更新--

|

« いじめ 人類の後退と不調和 | トップページ | アフガンメロンの追憶 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540025/55281704

この記事へのトラックバック一覧です: 東北人、東北人魂、風評被害――福島にて:

« いじめ 人類の後退と不調和 | トップページ | アフガンメロンの追憶 »