« もはや<サッカー道>だ  ロンドンのなでしこJAPAN | トップページ | 中国と韓国のどっちがましか <思考の自由>について »

自らの歴史をねつ造する国に未来はあるか  韓国最大のウリジナル

 「アグネス・チャンは非国民だ!」。40年も前の高校生時代、仲間のあいだでこんなジョークが流行った。第2次世界大戦中、戦時体制に協力しなかったり、反戦を唱えたりする者は世間から「非国民」呼ばわりされた。それを、人気絶頂だった香港出身の非日本人アイドル歌手に当てはめたところが、現代史を学ぶ高校生には受けた。

 その言葉を、竹島(韓国名:独島)をめぐるニュースで、久しぶりに聞いた。

 竹島騒動は、政権末期でレイムダックの李明博大統領が、韓国の現職大統領としてはじめて竹島に上陸し、自国内のナショナリズムを煽ったことが発端だった。

 かの国では、独島を韓国領と公言しない者は「非国民」と呼ばれるそうだ。

 韓流時代劇『朱蒙(チュモン)』の主人公を演じた韓国の俳優ソン・イルグクさん(40)らが、水泳リレーで島に渡った。『朱蒙』は2000年前に高句麗を建国した大王の物語で、韓流ファンのかみさんの勧めでぼくもすっかり魅了されたドラマだ。

 そのイルグクさんが独島キャンペーンに参加したのは、友人の歌手(47)に誘われ断れなかったからだと伝えられている。「非国民」呼ばわりされるのを恐れたのだろう。

 独島に泳ぎ着いたグループは、英雄扱いされている。しかし、日本のメディアは彼らをあえて「右翼」と呼ぶことはない。まあ、未だに世論の重心が左に傾いている日本を基準にすれば、韓国人の9割がたは右翼ナショナリストなのだが。

 ちなみに、日本人10人が尖閣諸島の魚釣島(中国名:釣魚島)に上陸したことについての、中国外交部報道官の公式発言では、こうなっている。

 「日本の右翼分子の違法行為は、中国の領土主権を侵している。中国外交部は、日本大使館に強く抗議し、中国の領土主権を損なう行動を直ちにやめるよう要求した」

 そういえば以前、ヨン様ことペ・ヨンジュンさんの記者会見で、「あなたは独島を韓国のものだと思うか」と詰問した韓国の記者がいた。場違いな話でわれわれは違和感を覚えるが、日本で大金を稼ぐ超人気俳優にどうしても踏絵を踏ませたかったのだろう。

 韓国暮らしが長くお国事情を熟知している、産経新聞ソウル駐在特別記者の黒田勝弘さんは、今回の騒動をめぐり、こんなことを書いている。

 <韓国における対日問題はいつも反日愛国競争になる。強硬論ほどカッコよく世論の支持を得る。そしてマスコミが先頭になって強硬論を煽動する。>

 <韓国では「反日愛国無罪」といって、反日愛国のためなら何を言っても、何をやってもいいのだ。>

 <韓国では「独島」問題となると正論、常識はもはや通用しない>

 韓国でも「反米」や「反北朝鮮」の問題があり、それらが国論を分けているのに対し、「反日」では挙国一致なのだという。

 同じ日本の植民地だった台湾が、世に知られた親日派で、東日本大震災に際しては200億円以上にものぼる世界最高額の義捐金を贈ってくれたのと対照的だ。

 独島は「日本の植民地からの独立の象徴としての島」という意味で名づけられ、小学校から必ず習うため、反日とのからみでこの問題を知らない者はいないという。

 週刊ポスト2012年8月31日号はグラビアで、竹島は明らかに日本領で韓国の論拠は破たんしていることを示す3つの地図を掲載した。

 第1が、1872年にドイツで作成された『シュティーラー地図』だ。対馬をふくむ日本列島と朝鮮半島のあいだに境界線が引かれ、竹島はその東側つまり日本領となっている。この地図はぼくもどこかで見た記憶があるから、日本側主張の根拠としてよく引き合いに出されるものだろう。

 次には、竹島の近くに位置する韓国領・鬱陵島(ウルルンド)にある『独島博物館』の屋外に建つ石碑に彫られた韓国の古地図だ。15世紀末に李朝皇帝の命で作られた朝鮮全図『八道総図』で、鬱陵島の“西側”に「于山島」が描かれている。この島こそ現在の独島だ、と韓国は領有権を主張してきた。ポスト誌は言う。

 <本来、竹島は鬱陵島の東に位置するはずだが、この石碑地図では、正反対の西に位置しているのだ。到底、于山島が竹島とはいえないのである。>

 そして、博物館内には『八道総図』をもとにしたはずの立体地図が展示されているが、石碑の地図とは逆に、鬱陵島の“東側”に于山島がある。要するに、自国の都合で地図を改ざんしたらしい。ひとつの博物館に矛盾するふたつの地図があるわけだ。

 立体地図は一度、「撤去する」と発表されたが、今でも展示されたままだという。

 韓国には「ウリジナル」というお得意の手法がある。何でも「われわれのほうがオリジナル」と歴史をねつ造し、国民が喝采する。

 たとえば、日本で一番古い前方後円墳は、卑弥呼の墓の可能性が高いとされる3世紀の箸墓古墳であることがわかっている。しかし、韓国の著名な考古学者は、朝鮮半島南部にある6世紀の古墳が世界で一番古い前方後円墳だ、と発表し専門家らの失笑を誘った。こんな例は掃いて捨てるほどある。

 韓国人は、独島やいわゆる従軍慰安婦問題などで、歴史の客観的事実に気づいたとき、足元の大地が崩落するのを目の当たりにすることになるだろう。

 --毎週木曜日に更新--

思わず笑っちゃう木佐芳男の電子書籍、アマゾンで好評発売中『ブーゲンヴィリアの祝福 日本人カースト戦記』

|

« もはや<サッカー道>だ  ロンドンのなでしこJAPAN | トップページ | 中国と韓国のどっちがましか <思考の自由>について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540025/55488108

この記事へのトラックバック一覧です: 自らの歴史をねつ造する国に未来はあるか  韓国最大のウリジナル:

« もはや<サッカー道>だ  ロンドンのなでしこJAPAN | トップページ | 中国と韓国のどっちがましか <思考の自由>について »