« 日の丸を背負い、カンボジアの地雷原に挑む② | トップページ | 目に見えないもの 『ゴーイング マイ ホーム』 »

日本は右傾化、の陰にある偏見と先入観

 まず、野球の話からはじめよう。バッターボックスに入りホームベースからうんと離れた位置に立つ。ピッチャーがど真ん中に投げ、主審はストライクをコールする。だが、バッターは「外角にはずれている!」と抗議する。

 こんなことは、政治の世界でもよくある。自分の立ち位置については無頓着に、自分のほうが錯覚しているボールのコースについて、批判したり勝手に警戒したりするのだ。

 石原慎太郎東京都知事が、2012年10月25日に辞任し、新党を作って国政に復帰すると明らかにすると、いつものように中国や韓国が吠えた。「日本の極右の代表」「政権を取れば、日本はまた戦争をはじめるだろう」

 人民日報は「(石原氏が目指す)第3極勢力は右翼に属す」とし、韓国の聯合ニュースは「日本政界の右傾化が加速しそうだ」と報じた。

 この日本右傾化論については、英エコノミスト誌など欧米のマスメディアも相次いで特集している。

 <右傾化>は中国共産党が発明した用語だという事実を知っているのか。共産主義を離れ市場経済を導入しようとする者を批判するときに使ってきた。チベット民族やウイグル民族の地域に武力をもって押し入り、弾圧や拷問、虐殺をした上で、強引な同化政策を着々と進め、一方で国民も弾圧する独裁体制に、右傾化も左傾化もないのだが。

 その言葉を輸入したのが、日本の左翼えせ平和主義たちであることを忘れてはならない。

 かつて『<戦争責任>とは何か 清算されなかったドイツの過去』(中公新書)を書いたときに知ったのが、ドイツは、どんな世論調査をしても、全体主義を支持する超のつく保守勢力が15%前後、厳然として存在している”右傾化国家”だという事実だ。だから、極右政治家が、日本の衆議院議員に相当する連邦議会議員にまでなったのだ。

 日本で世論調査をしても、軍国主義や全体主義を支持する国民のパーセントは、統計学上意味のある数字には達しない。つまり、0%ということだ。

 そういうドイツとはちがって、良かれ悪しかれ平和主義が根づいている日本について、右傾化などという言葉を使うなら、よほど冷静に慎重にしてもらいたいものだ。

 中国や韓国より国際社会に影響力を持つ欧米マスメディアの偏見、先入観、不勉強のほうが救いがたい。

 8月、香港住民が尖閣諸島に強行上陸したさい、ニューヨーク・タイムズ(NYT)は「香港の活動家」と彼らを呼んだ。そのあと、日本人グループが上陸したときには「日本のナショナリスト」と書いた。

 ナショナリストというのは、辞書で国家主義者、国粋主義者、民族主義者などとされている。日本語で言う右翼という言葉にかなり近い。

 NYTはなぜ呼び分けるのか、長い記事だがその説明はない。おそらく、無意識に書いたのではないか。竹島に上陸した李明博韓国大統領もナショナリストとは呼ばなかった。

 石原氏の辞任、新党結成を一面で伝えた記事でも、例によって石原氏にナショナリストという言葉を使った。石原新党が提携しようと考えているふたつの小政党、橋下徹大阪市長率いる日本維新の会も「ナショナリストの党」と呼んだ。

 その記事には、石原氏をナショナリストと呼ぶ理由らしきものがいくつか挙げられている。「戦争を放棄した平和憲法」を破棄、改正しようとしていること、若者の規律を高めるため徴兵制の導入を口にしたことなどだ。

 戦力の保持や国際紛争解決のための戦争を憲法で認めている、アメリカをはじめとする世界のほぼすべての国は、右傾化した右翼国家なのか。徴兵制をとっているドイツや韓国など多くの国は、右翼国家なのか。

 9・11テロの報復だと言ってアフガニスタンに戦争を仕掛け、罪もない市民多数を殺害したアメリカ大統領を、米メディアがナショナリストと呼ぶことはない。

 第2次大戦後の日本は、あまりにも左傾化し<反戦>や<平和>を金科玉条として、“平和ぼけ”してきた。NYTなどは、ホームベースから離れ、日本の左翼えせ平和主義の視点で日本の政治をみるから、右傾化などという言葉を安直に使うのだ。

 ぼくもインドとドイツで特派員をしていたから遠慮なく言うが、特派員なんてたいしたことはない。

 NYT東京支社の日本人記者と知り合い、支社の内実を詳しく聞いたことがある。アメリカ人の支局長は「日本語は日常会話がせいぜい」「日本の新聞は辞書を片手になんとか読める程度」で、取材には通訳を使う。任期は3年か長くて4年で、駐在国の複雑な歴史に詳しいわけではなく、だれかの受け売りで記事を書きがちなのだという。

 欧米マスメディアには、強い偏見と先入観がある。東京裁判で敗戦国日本を一方的に裁き、原爆投下など自らの残虐な戦争・人道犯罪には目をつぶったことが背景にある。

 だが、ごくまれに、冷静でフェアな記者もいるものだ。米ワシントン・ポストは9月27日、こう伝えた。「日本はここ数十年、恐らく世界で最も平和主義的な先進国で、今は中道に向かっているに過ぎない」

 日本は左から真中へ、やっと中傾化しはじめた。球をど真ん中のストライクに。

 --毎週木曜日に更新--

|

« 日の丸を背負い、カンボジアの地雷原に挑む② | トップページ | 目に見えないもの 『ゴーイング マイ ホーム』 »

書評・映画評・メディア評」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540025/56018046

この記事へのトラックバック一覧です: 日本は右傾化、の陰にある偏見と先入観:

« 日の丸を背負い、カンボジアの地雷原に挑む② | トップページ | 目に見えないもの 『ゴーイング マイ ホーム』 »