« 古刹、弁慶、紅白餅までは良かったが… | トップページ | 出雲大社に巨大柱が立った »

だまされる韓国大統領、いい迷惑な日本

 北朝鮮の金正恩第1書記と韓国の朴槿恵大統領のどちらが、やっかいだろうか。

 核やミサイルをおもちゃのようにもてあそぶ“北のおぼっちゃん”も手に負えないが、当面、その口に蓋をしたいのは朴大統領のほうだろう。

 ヨーロッパをいま歴訪中で、第2次大戦の敗戦国ドイツが周辺国と和解したことで欧州統合が実現した、と指摘する。それ自体は事実だが、日本はナチスの過去を清算したドイツを見習い「(今とは)別の態度を見せてほしい」と繰り返して回っている。意図は、日本を非難し歴史問題で欧州からの支持を取り付けたいところにある。

 朴大統領は、今年2月に就任して以来、米中などに外遊したときにも同様の論理展開で日本を牽制している。

 だが、その公式発言は、まったく事実に基づいていない。日本国内にも「ドイツは立派で日本はだめだ」式の発想が、長いあいだつづいていた。でも、拙著『<戦争責任>とは何か 清算されなかったドイツの過去』(中公新書)を2001年に上梓し、新聞雑誌で大きく書評が載って以来、そうした声はまったくと言っていいほど聞かれなくなった。

 ある新聞社の論説部署は、拙著を25冊まとめ買いし、全論説委員に「ドイツの戦後処理の実態」を学ばせたという。

 要点のひとつはこうだ。戦後、連合国はニュルンベルク裁判でドイツ人指導者を裁いた。その陰でドイツ人は、ヒトラーとナチスをスケープゴートとし旧軍や一般国民の罪をなすりつけ、徹底して自らの罪を隠した。旧軍幹部さえ「あれはヒトラーとナチ組織のやったことだ」と言い逃れをした。ここで言うナチスとは、ドイツ人の理解では「ナチ党員」を意味した。

 たしかに、ドイツ国防軍とナチ組織は別だったが、正規軍や圧倒的多数の国民が支持、遂行しなければ大戦など戦えるわけもない。ヒトラーは「ナチ化」政策をとり、彼の全盛期には、国民の約9割が思想的には国家社会主義者(ナチス)だった。

 戦後、米ソは冷戦に入る。アメリカは、西ドイツを西側陣営に取り込むため、インチキを承知のうえでドイツの旧軍人や一般国民の「非ナチ化」政策を進めていった。

 ぼくは拙著のなかで、そのごまかしぶりを、非ナチ化を意味する英語とドイツ語の頭文字をとってDEトリックと名づけた。

 一方、ニュルンベルク裁判では、戦争犯罪がA、B、C3つのカテゴリーに分けられた。そのなかで、Cの<人道に対する罪>こそがホロコースト(ユダヤ人などの大虐殺)をはじめ数々のナチ犯罪を裁くものだった。戦後のドイツはCに限って謝罪した。

 ぼくはそれをABCトリックと名づけた。

 ヴァイツゼッカー元大統領の有名な戦後40年の演説は、このふたつのトリックの集大成だった。演説は、ヒトラーとナチスを非難する一方で、旧軍と一般国民を徹底してかばった。Aの侵略戦争をしたことやBの軍人による戦争犯罪については、一切語らなかった。元大統領自身、徴兵され独ソ戦争で勇名をはせた将校だったからでもある。

 侵略されたポーランドなど周辺国は、ヴァイツゼッカー演説に象徴されるドイツの態度を大筋で受け入れた。よもやトリックがあるとは気づかなかったからだ。

 ナチ組織こそ断罪されたが、旧軍は戦後ずっと名誉を保ってきた。そのいかさまにドイツ人の一部左派が気づき、糾弾したのは、演説から10年後の1995年だった。だが、そうした声は小さいままで、このABC=DEトリックは、いまに至るまで、ドイツ国民自身と国際社会をだましつづけている。

 戦後ドイツの幸運は、ヒトラー&ナチ党員という格好のスケープゴートがいたことと、ポーランドなど周辺国が「大人」で侵略、侵略などと騒がないことだ。

 朴大統領は、ヴァイツゼッカー演説のテキストを分析したこともないだろうし、ABC=DEトリックにすっかりだまされている。あるいは、そのふりをしている。

 日本の不運は、まず、スケープゴートがいない点にある。韓国や中国は、A級戦犯が合祀されている靖国神社に日本の政治家が参拝すると反発する。中国など、「A級戦犯を祀っていなければ、参拝はかまわない」と公言している。つまり、日本も軍国主義指導者と一般国民とを線引きし、ドイツのようにDEトリックを使えと言っているのと同じだ。

 だが、そんなことはできないと日本人はよく知っている。国をあげて軍国主義に走ったことは十分すぎるほど反省している。

 韓国は、誇れる自国の歴史もなく歴史をねじ曲げ反日を建国神話にした。中国共産党は、反日によってしか正当性・正統性を主張できない。だから、いつまでも日本を許さない。

 日本の不運は、隣に韓国と共産主義中国が存在することにつきる。台湾は朝鮮半島とおなじく日本の植民地だったのに、驚くほど親日的な人が多いのと対照的だ。

 男尊女卑の風潮が根強く残る韓国で、女性が大統領として振る舞うのは大変だろう。といって、根拠もなく日本の悪口を国際社会に吹聴するのは、いい加減にして欲しい。

 欧州統合が実現したのは、ドイツの誠意があったからというより、周辺国がドイツによる侵略や戦争被害を許したからだった。

 韓国こそポーランドなどを見習うべきなのだ。

|

« 古刹、弁慶、紅白餅までは良かったが… | トップページ | 出雲大社に巨大柱が立った »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540025/58530327

この記事へのトラックバック一覧です: だまされる韓国大統領、いい迷惑な日本:

« 古刹、弁慶、紅白餅までは良かったが… | トップページ | 出雲大社に巨大柱が立った »