« 卯月のころ、出雲風LOHASの日々 | トップページ | 出雲本店の先客万来を夢見て »

地方紙はガンバッテいる

 日本のどこかの地方へ出張したり旅行したりしたとき、必ず地元紙を買うかホテルのロビーに備えてあるのを読む。視点をできるだけたくさん持つためだ。

 海外へ行っても、英語またはドイツ語の新聞があれば、買って読む。日本へ持ち帰って資料とすることも少なくない。たかが新聞だが、そこでしか手に入らない情報がある。

 ドイツ・ミュンヘンでは、スタンドで極右新聞を何種類も売っている。目を疑うような内容で、日本にはそもそもそんな新聞は出回っていないが、ドイツにはそれだけ超保守的な一面がある。日本の左派知識人はそういう事情を知りもしないで、ドイツを「ナチスの過去を清算したリベラルな先進国」として持ち上げてきたのだから、ある意味お笑い草だ。

 日本にはなぜか、世界で唯一、何百万部も発行している大きな新聞社がいくつもある。活字メディアがどうしたこうしたというときは、たいてい、そうした大新聞のことが取り上げられる。その陰で、各地にはそれなりの影響力を持つ地方紙がある。

 週刊誌も東京で発行されているから、地方のことはほとんど取り上げない。しかし、週刊ポストの2014年4月18日号は、珍しく地方紙特集をした。その主見出しがなんとなく笑っちゃう。

 「がんばれ、負けるな!地方新聞」

 そして、「あなたたちこそ、この国の新聞ジャーナリズムの希望である」とつづく。思いっきり持ち上げられた地方紙の記者のみなさんは、こそばゆいかもしれない。だが、もともと、週刊誌と地方紙は親和力がある。週刊誌は、いかに大マスコミつまり全国紙やテレビキー局とちがう分野や角度の記事を書くかが勝負で、その点では地方紙もおなじだからだ。

 だからというか、週刊ポストの書き出し(リード)もこうだ。「安倍政権にべったりのこの国の大新聞報道に失望するのはまだ早い。我が国には47都道府県それぞれの『現場』に根ざした地方紙が残っている」

 ぼくは読売新聞の出身だが、東京本社に所属していた割には海外勤務が主で、悪名高い日本の中央省庁の記者クラブにはほとんどいたことがない。だからはっきり言えることがある。記者クラブ発の記事はくだらない。日本で言う意味での記者クラブなど海外にはないし、おなじ内容を横並びで報道することもほとんどない。

 インドとドイツで特派員をしていたとき、「さすがにこの大ニュースは全紙載せるだろう」と思っても、平気で無視する新聞があった。ドイツの一般紙ヴェルトの記者がぼくのオフィスに遊びにきたとき、その理由を聞いてみた。彼は、逆に、ぼくから日本の新聞事情を聞いて驚いていた。「そういう横並びみたいな発想はぼくらにはないね。オリジナリティのない新聞なんてすぐにつぶれるから」

 最近、仕事の必要から日本のメディア史の本をいくつか読んでいる。新聞の横並びというのは、少なくとも明治時代からあったようだ。

 さて、週刊ポストは、計11の地方紙の活躍ぶりを紹介している。そのひとつが、島根県松江市に本社がある山陰中央新報だ。昨秋、出雲へUターンしたぼくも地元情報を仕込むために購読している。特集にあるリストによると、発行部数は17万部で県内シェアは66.2%だという。カバーエリアは島根、鳥取両県にまたがる。

 週刊ポストは、その山陰中央新報が、竹島問題でひとり気を吐いている点を高く評価している。国が及び腰で全国紙も一部をのぞき強い主張はしないからだ。今年1月6日の紙面では、日本外務省が、1947年6月、竹島の領有権をアメリカに対して主張した文書が、いま、アメリカ国立公文書館で公開されていることを「スクープ」したと紹介した。

 公開されている文書について「スクープ」というのもヘンかもしれないが、ともかく、山陰中央新報は、竹島周辺で島根県の漁民が漁をしていた証拠などの発掘記事をよく載せている。ポストの特集で知ったのだが、あるひとりの名物記者がガンバッテいるのだそうだ。その記者の同僚のコメントがいい。「“国がやらないなら”“全国紙が取り上げないなら”俺がやってやるという気概が感じられます」

 週刊ポストは、地方紙の課題や問題点にはふれていないが、欠点もあるにはある。地方紙は、当然ながら全国や海外に取材網を持ってはいないから、記事の多くは通信社が配信する原稿をそのまま使う。

 山陰中央新報は、竹島問題では日本メディアの最右翼になるわけで、実際、韓国では右翼新聞だと思われているようだ。それもあり、加盟している左派・共同通信の記事を使うとちぐはぐ感はぬぐえない。4月5日には、「小学校社会の教科書に全ての出版社が竹島と尖閣諸島をめぐる問題を記述することになった」と伝え、その理由として、「愛国心育成を重視する安倍政権への配慮と同時に、(保守派からの圧力で?)経営面で苦境に追い込まれたくない出版社側の事情も透けて見える」と報道した。

 こういう書き方をする共同は、安倍政権を気にくわないと思っていることが、それこそ「透けて見える」わけだが(~_~;)。

 竹島を抱える山陰中央新報は、尖閣諸島を抱える琉球新聞と、合同企画『環(めぐ)りの海』を62回にわたって連載し、2013年度の新聞協会賞を受けたそうだ。やるじゃん。

|

« 卯月のころ、出雲風LOHASの日々 | トップページ | 出雲本店の先客万来を夢見て »

書評・映画評・メディア評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540025/59516392

この記事へのトラックバック一覧です: 地方紙はガンバッテいる:

« 卯月のころ、出雲風LOHASの日々 | トップページ | 出雲本店の先客万来を夢見て »