« お盆って何だ | トップページ | 宗教を捨てる時代はもう訪れている »

マッチポンプのA紙が炎上してる

 日本語にはマッチポンプという面白い言葉がある。外国語でなんというか不勉強で知らないが、ある社会現象をひと言で表すには、じつに便利な言葉だ。

 朝日新聞が2014年8月5日付け朝刊でおこなった、いわゆる従軍慰安婦報道の「検証」という名の言い訳特集は、まさにこの言葉がうってつけだった。

 朝日は、旧日本軍のことをなんでもかんでも悪し様に報道することが使命だと勘違いしてきた。戦時中、慰安婦という言葉はあり戦地で兵士のための慰安所があったのも事実だ。その慰安婦には日本人が多く、なかには朝鮮人などもふくまれていた。

 世界を見渡せばどこの軍隊でもあったことであり、ある著名な大学教授に聞いたところ、「いま現に、国連軍のための慰安婦だっている」という。

 しかし、朝日は、32年も前から「旧日本軍は朝鮮の女性を強制的に連行し、性奴隷状態においてきた」という趣旨の報道をくり返してきた。その根拠となったのが、吉田清治という男の“証言”だった。「韓国・済州島で200人の若い朝鮮人女性を『狩り出した』などと朝日は報じた。

 1992年には、宮沢喜一首相が訪韓する5日前に「軍関与を示す証拠が発見された」と大キャンペーンを張り、宮沢首相は韓国で8回も謝罪するはめになった。韓国の反日世論が燃え上がり、慰安婦問題は世界にまで喧伝されることになった。

 それをいまになって、朝日は吉田証言について、「当時、虚偽の証言を見抜けませんでした」とし記事を削除することを明らかにした。つまり、当時、裏付け取材はまったくしていなかったことを認めたわけだ。

 吉田は職業的詐話師、つまり虚偽を本に書き、印税や講演料を稼いできた男だという指摘は、20年以上前からおこなわれていた。それを朝日が訂正したからといって、その虚報によってめちゃくちゃにされた日韓関係や日本と日本人の名誉はどうなるのか。対岸まで燃え広がった大火事を、いまさら放水ポンプなんかで消せるわけがない。

 橋下徹・大阪市長は、「朝日が何百億円かけででも、英語で訂正記事を海外に発信しつづけ、この問題での国際社会の誤解を解いていくしかない」と語っている。まったく、その通りだ。

 自民党の石破茂幹事長は、国会として何らかの対応を行う可能性に言及した。これについて、朝日の後を追うように慰安婦問題を報道してきた毎日新聞は、「政権与党の幹事長が、報道内容を国会で検証する必要性に言及したことは、言論機関に対する政治権力の圧力と取られかねない」と書いた。これは、論点のすり替え以外のなにものでもない。

 まったく馬鹿な話で、憲法では表現、言論の自由が認められているとはいえ、第12条でその「濫用」を禁じている。嘘と知りつつ、長年、訂正もしなかった朝日のケースは言論の自由の濫用そのものだ。憲法違反として国会に招致して事実関係を明らかにし、韓国をはじめ国際社会の誤解を解くのは国会の責務だ。場合によっては、毎日の関係者を呼んだっていい。朝日とおなじ穴のムジナだからだ。

 この検証記事をめぐる騒動のなかで、一番面白いのは、橋下市長の発言だった。記者に囲まれたとき、朝日の記者に対して「僕だったら報道が出た瞬間に辞める。日韓関係をこじらせちゃって、とてもじゃないが(社内に)いられない」と皮肉った。「よく(社内に)いられる。すごい精神力。政治家向きだ。僕だったら辞めるが、朝日の人はそこまでのことだと感じていないんでしょうね」とたたみかけた。

 昨年には、橋下市長の慰安婦発言をめぐり朝日など左翼メディアがさんざん叩いてきたから、これは意趣返しだった。

 それ以上に傑作なのが、韓国メディアの反応だ。誤報問題を大きく取り上げた別の日本メディアの報道を「朝日たたき」「日本の一部メディアや自民党がこじつけ的な論法を展開」(朝鮮日報)「右翼メディアが朝日新聞を追い込み、保守政治家が火に油を注いでいる」「日本の右派言論が波状攻勢」(中央日報)などと論評した。

 韓国メディアの馬鹿さかげんはいまにはじまったことではないが、「慰安婦」で日本を攻撃する一番の根拠が虚偽だとされて、茫然自失しているのではないか。

 中国もあせっている。人民日報は「今回の件によって国際社会は、日本が右傾化の道に沿って一歩一歩滑り落ち、暗黒国家へと変りつつあることも目の当たりにした」とわけのわからないことを書いた。

 韓国のネットはさらにひどい。<ねじ曲がった民族主義や歴史の美化に血眼になっている極右主義者やその政府の反人権的言動からみて、この部分については日本国民のレベルが相当低いと感じる><いまだに日本は右翼らが悪を懺悔せず、あのような態度をとっている><日本国民の70~80%が保守的なので右翼政権が力を得て、いずれまた我々を侵略するだろう>。あんな国なんか頼まれても侵略しない。日本が韓国と戦争をしたことはない。それに、「韓国を侵略した歴史的事実もない」というのが新しい定説だ。

 こんなのもあった。<朝日新聞は正しい道を行っている。真実はよみがえる。朝日新聞よ、健全であれ>。朝日の社旗は、韓国人が軍国主義のシンボルだと猛攻撃する「旭日」のデザインだ。それでも朝日応援団をつづけるところが、悲喜劇にもみえる。

|

« お盆って何だ | トップページ | 宗教を捨てる時代はもう訪れている »

書評・映画評・メディア評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540025/60147512

この記事へのトラックバック一覧です: マッチポンプのA紙が炎上してる:

« お盆って何だ | トップページ | 宗教を捨てる時代はもう訪れている »