« 出雲の赤いテープ | トップページ | 生のムール貝に涙を流す »

ケダモノという言葉があるが

 社会的地位も名誉もある大のおとなが、痴漢行為などをして人生を棒に振ったというニュースが後を絶たない。なんでそんなことをするの、と不思議に思っているひとは少なくないだろう。最近、その理由がわかって、なるほどそうなのかと得心がいった。

 産経新聞電子版によると、2014年12月24日、東京都教育委員会は、スマートフォン向け無料アプリLINEを使って女子生徒に「抱かせろ」などと迫った都立高校の男性教員(30)を懲戒免職処分にした、と発表した。

 都教委によると、高校教員は昨年4〜5月、同校の女子生徒にラインで計170件のメッセージを送信した。「抱かせろ」「嫉妬すんなよ」などとわいせつな内容が含まれていたほか、別の女子生徒が自分の顔写真をネットに投稿したことに憤慨し、ラインで「おれが警察に言えば、停学退学になる」などと脅した。

 また、「スカートが短い」などと生徒指導を装い、女子生徒を校内でひざ立ちにさせ、スマートフォンの動画機能を使ってスカート内を盗撮した区立中学の男性教員(29)も懲戒免職にするなど、都教委は教員計5人を処分した。

 高校教員は「立場をわきまえず、友人ののりで接してしまった」。中学教員は「ストレスがあり、スリルに満足感を得ていた」などと話したという。都教委は、このほか教育実習生に対するセクハラで中学教諭1人を停職処分にした。

 あ~あ、ガッコの先生たちがまたやっちゃったか。

 脳のメカニズムと性衝動とは密接な関係にあることが、近年の脳科学の研究でわかってきているそうだ。

 J-CASTニュースは、以前、わいせつ行為の改善相談も行っている「カウンセリングオフィスAXIA」代表・衣川竜也さんの話を紹介していた。それによると、男性は早くも小学校低学年から性欲が芽生えるそうで、高校までに一気にピークに駆け上がる。そう言えば、小学校のころ、なんで男女は別々の風呂に入らなければならないんだろう、と疑問を持ったことを覚えている。そして、大人の女性の裸を想像すると、オチンチンが固くなる。男子なら誰でも経験することだろう。

 性への興味、関心は高まっているのに、性的な接触を持てる環境になく、想像を膨らませるだけの時期がある。そして、その時期の性的な興味が女性の体や性器ではなく、下着に向いたりすると、それが「性的嗜好」となるという。下着フェチが世の中にたくさんいることを知ったのは、かなり大人になってからだった。自分にはそういう趣味はなく、不思議に思っていた。

 衣川さんは「男性は大なり小なりそうした嗜好を持っている」と話したようだ。そうなのだろうか。下着よりその中身のほうがいいと、個人的には思うのだが。そういう話をかみさんにしたら、「中身にありつけない男性が、しょうがないから下着に執着するんじゃないの」と言われた。一理あるが、性的嗜好というのは複雑なものだ。

 それにしても、なぜ、ひとによっては性的な興味が性器ではなく下着にいったりするのだろう。J-CASTニュースの記事にはその理由が書かれていない。肝心なのは次の点だ。
 強いストレスを受けると、その性的嗜好が爆発してしまうことがあるというのだ。

 この点が脳科学によって説明されている。人間の脳は、呼吸や循環、消化など基本的な生命機能をつかさどる「脳幹」、感情や性欲を含めた欲求などをつかさどる「大脳辺縁系」、理性的な思考や感情のコントロールなど人間的な活動を行う「大脳皮質」の3層構造からなる。

 そして、なんらかの心理的ストレスがあると、最も外側にある大脳皮質がダメージを受けやすく、生命にかかわる活動をしている脳幹と大脳辺縁系の働きはむしろ活性化するという。つまり、本能的な部分は活発になり、それをコントロールする部分の活動は落ち込むことになる。それによって、理性の利かない突発的な行動が起きやすくなる。盗撮など非理性的な行為をしてしまう人は、そういう状態に陥っている場合が多いそうだ。

 最近、仕事で必要があって、脳科学・神経科学の世界的権威アントニオ・R・ダマシオの大冊『感じる脳 情動と感情の脳科学 よみがえるスピノザ』を読破した。この本でくり返し出て来るのが、進化生物学の研究成果だ。どんな進化によってわれわれ人類が生まれたかが、脳の機能を中心に語られている。脳の中心部にある脳幹などは進化の早い段階でできた“動物的”なもので、その周りにある大脳辺縁系が次に出現し、進化の最終段階でできたのが大脳皮質だそうだ。

 人間が人間社会で平穏に暮らしていけるのは、ケダモノ的なものを理性でくるんでコントロールしているから、ということになる。ストレスといういかにも人間的なものによって大脳皮質がダメージを受けるのは、ある意味で皮肉だ。もうひとつの皮肉は、地位や名誉、職や収入、家族など、失うものが多いひとほどストレスも抱えやすいことだ。

 人生を棒に振ってしまわないためには、いかにストレスを発散するかが重要となる。もし、既婚の中高年男性がそうした大失敗を犯したのなら、夫婦関係がうまくいっていないからと推察でき、妻にも責任がある。独身男性なら、早く彼女を作らなければだめだ。

 脳科学の知識は、ケダモノ性の制御に少しは役立つだろうか。

|

« 出雲の赤いテープ | トップページ | 生のムール貝に涙を流す »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540025/60862811

この記事へのトラックバック一覧です: ケダモノという言葉があるが:

« 出雲の赤いテープ | トップページ | 生のムール貝に涙を流す »