« 「空気」という名のユルい民意の空回り | トップページ | 民衆の夢を裏切ったフォルクスワーゲン »

難民急増 希望の地はどこにあるのか

 われらがサッカー日本代表ハリルJAPANは、2015年9月8日、W杯アジア予選でアフガニスタンと戦った。ホーム&アウェイ方式だから、本来ならアウェイの試合はアフガニスタン国内で行われる。だが、かの国の政情がそれを許さず、第3国イランの首都テヘランで開催された。

 テレビで日本を熱烈応援した。試合は日本が6対0と圧勝した。勝ったのはうれしかったが、なんだか弱い者いじめをしたようで、少し気の毒にもなった。

 勝敗とは別に、スタジアムにどれだけアフガニスタンのサポーターがいるのか気になった。ほんのわずかだけ、アフガニスタン国旗を振っているひとたちがいた。スタンドはガラガラだったが、スタジアムの外にはたくさんのアフガン難民がいた、と読売新聞で知った。彼らにはチケットを買う金銭的な余裕がなかったのだという。

 難民という言葉を聞いて、ふつうの日本人は何を思うのだろうか。ぼくにとっては、記憶から消すことのできない体験がある。ニューデリー特派員をしていた四半世紀前のことだ。インドを拠点に、アフガニスタン、パキスタンなど南アジア8か国がぼくの取材エリアで、各国を転々とする日々を送っていた。

 最大の取材対象はアフガニスタン情勢だった。1979年末に、当時のソ連軍が突然、アフガニスタンに侵攻した。若いひとは知らないだろうが、そのためにモスクワで予定されていたオリンピックを、西側は歩調を合わせてボイコットした。日本も西側の一員だったから、やっと五輪代表になれた選手は全員泣いた。

 ただ、オリンピックに出られないことくらいは大したことではない、と特派員で現地へ行って痛感した。アフガニスタンの人びとのかなりの数が、ソ連軍侵攻のあと難民となった。国の東側に住んでいたひとはパキスタンへ、西側にいたひとはイランへ行った。

 ぼくの仕事のひとつが、パキスタンのアフガニスタン国境に近い街ペシャワール一帯へ逃れた難民の取材だった。難民の多くはテント暮らしで、食料や水をパキスタン政府から支給される。そのお金はアメリカが主に出していた。難民がいい仕事に就けるわけもなく、たいていは肉体労働をしてわずかな現金を稼いでいた。

 難民のなかには、アフガン反政府ゲリラもいた。ソ連軍が侵攻してから、首都カブールだけはソ連に支えられたアフガン共産主義政権が支配していた。この国は政治の構図がころころ変わったが、ぼくが取材に何度も通ったころ、反政府ゲリラはその共産軍と戦っていた。

 アフガニスタン領内で戦闘したあと、ペシャワールの難民キャンプへ帰ってしばらく休養し、また出撃するのだった。一般難民は言葉も通じずあまり親しく話す機会もなかったが、ゲリラたちのなかには英語のうまいひともいて、日本人特派員を歓迎してくれた。何と言っても、日本は味方の西側に属しているからだった。

 緑茶に貴重な砂糖を入れ、生のニンジンやダイコンを切ったものを、茶菓子代わりに出してくれるのだった。アフガニスタンの戦況や彼らの日常を聞くのが目的だったが、日本の話を質問されることもよくあった。あるとき「日本の軍隊は、どれだけ強いんだ?」と聞かれた。「憲法で軍隊はないことになっているが、自衛隊(SDF)というのがあって、実力は世界で10位くらいだと言われているよ」と答えると、「そりゃ、すごい」と感心された。

 ヨーロッパはいま、難民流入問題で大騒ぎとなっている。「イスラム国」とアサド政権の内戦状態になっている中東のシリアをはじめ、アフリカの紛争地域から逃げてきた人びとが、安住の地を求めて北へ北へ、ヨーロッパへと押しかけている。

 そのなかに、アフガン難民もたくさんいることを、最近の報道で知った。おそらくアフガニスタンの西側から逃れてきたと思われる。国連高等弁務官事務所(UNHCR)によると、いまアフガン難民は全体で約260万人いて、パキスタンに約150万人、イランに約95万人が暮らしているそうだ。ぼくが取材していたころより倍近くに増えている。

 テヘランなどにいるアフガン難民の一部が、ヨーロッパへ行く夢を持っている。ドイツは遠い希望の地で、そこへたどり着くためには多額の交通費はもちろん、運もいる。

 ドイツは今年中に難民100万人を受け入れる予定だが、難民認定を待つひとだけでも現在約30万人いるそうだ。その手続きや当面の住居、食料などはどうするのか。しかも、難民は労働者の職を奪ったり治安を悪化させる、とやっかい者扱いされる。ヨーロッパでもっとも豊かなドイツでさえそうだから、他の国はホンネではもっと冷たい。ハンガリーは、9月15日、難民が流入するセルビアとの国境を封鎖し、唐辛子の催涙ガスや放水で難民を追い返した。他の東欧諸国も、はじめから難民を拒否する姿勢をみせている。

 日本にとっても他人事ではない。もし、何らかの事情で北朝鮮の金正恩体制が崩壊すれば、大量の難民が日本海を渡ってやってくるかもしれない。中国の共産党独裁体制が倒れ、軍閥が割拠して『三国志』状態になれば、100万単位の難民が日本にも押し寄せる恐れがあると言われている。

 移民政策さえとっていない日本に、それだけの異邦人が一挙にやって来たら、国をひっくり返すような騒ぎになるだろう。

|

« 「空気」という名のユルい民意の空回り | トップページ | 民衆の夢を裏切ったフォルクスワーゲン »

インド亜大陸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540025/62342334

この記事へのトラックバック一覧です: 難民急増 希望の地はどこにあるのか:

« 「空気」という名のユルい民意の空回り | トップページ | 民衆の夢を裏切ったフォルクスワーゲン »