« よだれが出るタルタルステーキ――ポーランド | トップページ | 「空気」という名のユルい民意の空回り »

リアルの北東アジアは『三国志』並みに面白い

 北東アジア『三国志』の主な役者は6人いる。日中韓米露それに北朝鮮だ。北京で2015年9月3日に行われた「抗日戦争勝利70周年記念行事」に役者がほぼそろった。

 主役を張った習近平・中国国家主席は、軍事パレードでこう演説した。「中国国民は、世界反ファシスト戦争の勝利に重大な貢献を果たした」。これがお笑い種であることは、知る人ぞ知る。ファシズムとは、国家主義的な全体主義の政治形態のことを指す。70年前までたしかに日本がそうだったが、いまやその言葉がもっとも当てはまるのは中国ではないか。共産党一党独裁による全体主義、容赦の無い人権弾圧は、世界の知るところだ。

 習近平は「抗日戦争で、日本軍国主義のたくらみを徹底的に粉砕し、世界の大国の地位を確立した」とも演説した。

 軍事パレードでは、将兵約1万2000人が参加し、巡航ミサイルやアメリカ本土を射程におさめる新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)も登場した。習近平は「中国は永遠に覇権を唱えず、拡張をしない」と強調したが、そのパレードはまさに、軍拡路線を象徴するものだった。

 軍事予算を急激に増やし、南シナ海の岩礁を大規模に埋め立てているのをみれば、中国こそ21世紀最大の軍国主義国家ではないか。

 式典の最大の狙いは、共産党の抗日戦争勝利への貢献を宣伝し共産党政権の正統性をアピールすることにある、とされた。しかし、これもどんでもない歴史の歪曲だ。

 9月3日は、敗戦国日本が、戦艦ミズーリ号上で降伏文書に署名した翌日に当たる。中国政府がこの日に記念行事を設定したのはもちろん意図的で、今年から9月3日を戦勝記念日にしたほどだ。

 だが、ミズーリ号上の署名式に列席した中国代表は、蒋介石の率いた国民党であり、毛沢東の共産党ではなかった。日本の終戦処理を最終的に決めたサンフランシスコ講和条約締結式に列席したのも国民党政権で、共産党ではなかった。

 その理由は簡単だ。日本軍と主に戦ったのは国民党軍であり、共産党軍は散発的に交戦しただけだった。毛沢東は、国民党軍を日本軍との戦闘で消耗させ、そのあと国民党軍との内戦に勝利して中華人民共和国を建国した。戦略的に“漁夫の利”を得たのだった。

 「抗日戦争勝利70周年記念行事」では、もうひとりの主役が一番注目を集めた。韓国の朴槿恵・大統領だ。政治的、軍事的に韓国は西側の一員であり、日米政府は、朴槿恵に北京へ行かないようかなり圧力をかけた。

 だが、「韓国はアメリカとは民主主義と市場経済を、中国とは歴史と文化を共有している」と、日米を振り切って記念行事に参加した。大統領出席は主に経済的な理由からだ、と日本のメディアは伝えていた。韓国にとって中国は最大の貿易相手国であり、その規模は対米、対日の合計よりも大きいからだ。

 しかし、もっと深い理由があるという。早稲田大学の重村智計教授は、WiLL2015年10月号で、日本のためには朴槿恵に北京での式典に参加してもらったほうがいい、と書いていた。その心はこうだ。「北朝鮮が、最大の価値観である正統性とメンツ、大義名分を失い、国家存亡の危機に立たされるからだ」と言うのだ。

 韓国と北朝鮮は、南北分断以来、「どちらが正統な国家か」との正統性論争と対立、競争をつづけてきた。北朝鮮は、「日本帝国主義と直接戦闘して勝利したのは金日成主席ただひとりだから、正統性はこっちにある」と主張してきた。韓国の指導者は誰も日本帝国主義と戦闘していないし勝利もしていないから正統性はない、という理屈だった。

 韓国も、ミズーリ号の甲板には呼ばれなかったし、サンフランシスコ講和条約締結式にも列席できなかった。そもそも、韓国は日本と戦争も戦闘もしたことはない。それなのに、「日本に侵略された」と国民は刷り込まれている。

 今回、朴槿恵が出席することで、金正恩・北朝鮮第1書記の訪中の目はなくなり、ナンバー3の崔竜海・朝鮮労働党書記が出席した。

 韓国の中央日報は、 9月4日、こう誇らしげに書いた。「朴槿恵大統領は中国の習近平国家主席、ロシアのプーチン大統領と並んで城楼最前列の真ん中に立ち、中国人民解放軍の大規模な軍事パレードを見守った。 韓国大統領が中国軍の閲兵式に参加したのは初めてだ。しかも61年前、その場の主人公は中国の毛沢東主席と北朝鮮の金日成主席だった。昨日、北朝鮮代表として参加した崔竜海労働党秘書の席は前列の一番端なのでよく見えることもなかった。韓中関係と朝中関係の現状を象徴的に見せる行事であった」

 これにより、一応、中国が北朝鮮の正統性を否定し、韓国の正統性を認めたことになったとの見方もできるだろう。

 中央日報は、高麗大アジア問題研究所のナム・グァンギュ教授の「北東アジアがついに脱冷戦の国際的な過程に入ったとみられる」という分析も伝えた。

 だが、かつての朝鮮戦争では、事実上、北朝鮮軍+中国軍VS.韓国軍+米軍で戦われた。北朝鮮が近いうちに暴発し朝鮮戦争パートⅡが起きる恐れがないとは言えない。そのとき、中国がどうするかは、まだわからない。

 一連の記念行事への出席のため訪中していた旧社会党の村山富市・元首相(91)は、体調不良を訴え現地で入院した。これが日本の“代表”というのが、何かを暗示している。

|

« よだれが出るタルタルステーキ――ポーランド | トップページ | 「空気」という名のユルい民意の空回り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540025/62251932

この記事へのトラックバック一覧です: リアルの北東アジアは『三国志』並みに面白い:

« よだれが出るタルタルステーキ――ポーランド | トップページ | 「空気」という名のユルい民意の空回り »