« 明治維新を逆から見ると | トップページ | 量子力学で生命の謎を探る »

ニッポン1億総活躍には、企業文化の大改革が要る

 女子サッカー・アメリカ代表のベッキー・ソーアーブラン選手は、2016年4月、女子が男子と同額の報酬を受け取れない場合、夏の「リオデジャネイロ五輪をボイコットする可能性もある」と米スポーツ専門チャンネルESPNに明かした。

 米女子代表はW杯カナダ大会で優勝したが、米男子代表はW杯ブラジル大会で決勝トーナメント1回戦敗退に終わった。それでも、女子代表に支払われた賞金は、選手と関係者の分を合わせて200万ドル(約2億200万円)にすぎず、ベスト16に終わった男子代表には900万ドル(約9億9000万円)が与えられた。

 ソーアーブランをふくむ代表チームの5人は、アメリカ・サッカー連盟(USSF)の対応を求めて、雇用機会均等委員会(EEOC)に訴えた。

 ソーアーブランは、法的な措置によって「平等なプレーに対する平等な報酬」が実現することを願っているとし、「報酬の面でも、リスペクトの面でも、この訴えによって状況が改善すればいいと思う」と語った。

 これはいまわが国で注目を集めている「同一労働同一賃金」の問題とおなじだな、と思って行く末に興味をもった。確かに、なでしこJAPANとハリルJAPANの待遇の差、一般に女子選手と男子選手の差は、女子選手が可哀想なほどにちがう。

 日本政府は、5月、「ニッポン1億総活躍プラン」を決定した。雇用形態のちがいによって賃金差をつけない同一労働同一賃金の実現を柱の一つにすえた。安倍首相は、3月、「最大のチャレンジは働き方改革だ」と、意欲を示していた。

 7月の参院選でも、与党はこの取り組みをアピールするとみられる。もともと、同一労働同一賃金は、旧民主党が訴えていた政策だった。民進党など野党は「格差問題でアベノミクスを批判しづらくなる」と複雑な心境だという。

 パート労働者の賃金水準のフルタイムに対する割合は、ドイツが79%、フランスが89%で、日本の56%を大きく上回る。安倍政権は、日本の割合を7~9割に引き上げるというのだ。政策をぶちあげるのはたやすいが、実際には課題がたくさんある。

 ベルリンにいるとき、ドイツの民間会社で働いている日本人の女の子と知り合った。東京でOLをしていたが、「ヨーロッパで働いてみたくて」ドイツ語を猛勉強し、ベルリンに来たのだという。

 ドイツのオフィスに大部屋というものはなく、個室またはふたり用の小部屋で働く。おなじ部屋の相方の仕事がたまっていても、手伝うという発想はドイツにはなく、自分のその日の仕事が終わればさっさと帰宅する。

 職場の人間関係もドライで、社員の誰かの誕生日には、缶ビールを買ってきてみんな集まって乾杯し、1本飲んでさっさと解散する。ドイツも戦前はこんなにドライではなかったそうだが、ナチス時代に人間関係が濃密過ぎて国を滅ぼしたという考え方から、職場環境が激変していまに至るという。

 社員個々のテリトリーが非常にはっきりしている。日本の新聞で「ヨーロッパは職務給」とされるその実態がこれだ。賃金体系は年功序列ではなく、また、やっている仕事ともらう賃金の関係が明確だから「同一労働同一賃金」が比較的容易に実現できる。

 安倍首相が言うように、働き方そのものの発想を変えないかぎり、同一労働同一賃金は達成できない。

 日本であっさりと同一労働同一賃金を実現させたケースとして、共同通信はスウェーデン発祥の家具大手イケア・ジャパンを取り上げている。この会社では、取り寄せた商品を巨大な倉庫のような店の棚に並べる物流担当、在庫情報の問い合わせに答える顧客担当など、職場では正社員とパートがおなじ仕事をしており、同一賃金の対象となる従業員がはっきりしていた。

 つまり、ヨーロッパ式の職場環境だったわけだ。「時間当たりの賃金がおなじということは責任もおなじだ」という考えが浸透し、「短時間勤務の人にも仕事を頼みやすくなり、仕事の処理速度が上がった」という。

 ただ、一部には、年収が増えたために夫の扶養家族ではなくなり、社会保険料などの負担が増えることを敬遠して退職したひともいるという。これは税制度の問題で、一億が総活躍するには税体系など総合的な改革が必要となる。

 外資系だからこその取り組みとも言えるが、日本の会社で職場環境を大改革するのは大変だろう。うちのかみさんが以前働いていた食品会社では、正社員はサービス残業や多国籍のパート相手の人事管理で大変なうえ、転勤もあるのに、収入面では正社員よりずっといいパートのおばさんがいくらでもいた。

 うちの娘は、東京のある会社の正社員をしていたが、週末は休めないうえ残業残業の日々だった。だから、あえて正社員をやめ派遣の仕事に移ってハッピーになった。給料が減った分は、サイドビジネスで稼いでいる。

 日本の生産性は、OECD加盟34か国のなかで21位と非常に低い。用もないのに上司や先輩に気兼ねして退社しない空気があり、働いているふりをするパフォーマンス・バカ社員も多すぎる。まず手をつけるべきなのは、そういう企業文化ではないのか。

|

« 明治維新を逆から見ると | トップページ | 量子力学で生命の謎を探る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540025/63684810

この記事へのトラックバック一覧です: ニッポン1億総活躍には、企業文化の大改革が要る:

« 明治維新を逆から見ると | トップページ | 量子力学で生命の謎を探る »